犬のマラセチア対策

マラセチア皮膚炎の原因

マラセチア皮膚炎の原因

マラセチア皮膚炎はマラセチア菌が異常に増えてしまったときに起こります。

増えすぎたマラセチア菌から分泌された酵素や酸などが皮膚を刺激したり、アレルギー反応を引き起こします。


マラセチア菌が増える原因としては、栄養となる皮脂が過剰な状態や、菌が増えやすい湿度が高い状態などが挙げられます。

つまり皮脂が出る量が多い犬や、気温が高く、湿度が高い環境や時期では発症のリスクが高くなってしまうのです。


また、基礎疾患としてアレルギーや甲状腺機能低下などの症状を持っている場合は、マラセチア皮膚炎を発症する割合が高くなる傾向があると言われています。

> マラセチアの治療法


Copyright(c) 2021 Kyowa Foods Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com